ニキビ跡を治す4つのポイント

ニキビ跡を治す4つのポイント

イボ

ニキビ跡はニキビの炎症によって周囲の組織にダメージを与え
傷跡として残してしまっている状態です。

激しい炎症をおこす前にニキビを適切なケアを施し
ニキビ跡が出来ないように予防していくことが重要と言えます。

 

ニキビ跡が出来てしまった場合に
どういったケアをしていけば良いのか
4つのポイントに分けて解説をしていきます。

ニキビ跡を治すポイント1:ビタミンBを摂取する

新陳代謝の促進作用などがある栄養素というのは
人参などやほうれん草など緑黄色野菜などに多く含まれている
ビタミンAやマグロやレバーなどに含まれるビタミンB6などですね。

こうした、成分はコラーゲン線維の生成を促進させて
抗酸化作用で肌の調子を整えてくれます。

 

ニキビ悪化を防ぐということに対しては
皮脂分泌量を抑える効果もあるビタミンB関係など
積極に摂りたい栄養素でもありますね。

カフェインなどは逆にビタミンBの吸収を妨げるので
摂り過ぎには注意をしたいところです。

 

皮脂分泌量を増やしやすくなる動物性脂肪や糖分などは
摂り過ぎに注意したいところですね。

 

ニキビ跡を治すポイント2:しっかりと睡眠をとる

睡眠中には皮膚や筋肉などや骨、内臓器官など発育に関連する
成長ホルモンが分泌されます。

肌の修復や再生機能であるターンオーバーが
順調に行われるには成長ホルモンが必要となります。

 

きちんと睡眠を取らない場合は
成長ホルモンが働かないので肌細胞が修復されにくくなり
ニキビ跡も改善しにくくなります。

夜更かしをしないで早く寝ることが
ニキビ跡を改善する方法とも言えますね。

 

ニキビ跡を治すポイント3:ストレッチをする

結構などが良くなると栄養分が肌の細胞まで届いて
新陳代謝が促進されやすくなります。

血行促進にオススメなのがウォーキングやストレッチなど
適度な運動をしてぬるめのお湯にゆったりと浸かる入浴が
毛穴を開かせて汚れを落としやすくしてニキビを予防する効果もあったりします。

 

ニキビ跡を治すポイント4:リラックスする

人間の体をコントロールしている自律神経というのは
交感神経と副交感神経から成り立っていて、起きている時間帯などや
緊張状態には交感神経が働きます。

また、睡眠をしているときやリラックスをしているときは
副交感神経が優位に働いています。

 

この、2つの神経の中で、新陳代謝を活発にするのは
副交感神経で、これを活性化させることで
肌の調子を良くしてニキビ改善に導くことが出来ます。

もちろん、これ以外にもニキビ跡を改善する方法や
ニキビを予防する方法があります。

 

そういった方法をうまく組み合わせて
薬用ピエリナでニキビ対策をすると効果的です。

↓↓          ↓↓

肌に潤いを与えてニキビを予防♪

コメントを残す